投稿日:

小さいころが胸が小さいのが悩みでした

胸の小ささを悩んだので一番古い記憶は小学生のときでした。

周りの女の子がみんな胸が大きくなるのに私だけいつまでたっても大きくならなかったことでした。

その後中学になっても高校になっても一向に大きくはなりませんでした。

初めてブラジャーを買ってもらったときも必要性よりも周りのお友達がみんなしているのに自分だけしていないと恥ずかしいからでした。

体育の授業や部活などで着替えをするときはできるだけ壁に向かって着替えをし、友人に胸の部分が見えないように着替えました。

大きな胸を自慢するように見せびらかして着替える友人がいてとてもうらやましかった記憶があります。

大人になってからも胸があく洋服は全然似合わず貧相に見えてしまいます。

特に一昔前にはやったキャミソールとVネックのカーディガンのセットで着るととても貧相な体型が目立ちます。

また、学生時代に着物をきるバイトをしたことがありますが、その時に着付けをしてもらったおばさんに「着物が似合う体型じゃないね(笑)。

」といわれました。

体型としての特徴は幼児体型のように胃の部分のおなかが少しでているので、胸よりも胃が出て見えてしまうのがすごく気になります。

肩幅もあるほうなので、おなか以外は男性のようです。

出産後すぐは授乳のために少しだけ大きくなりましたが、期間限定ですぐに小さくなりました。

二人出産して授乳が終わった後は若いときよりもさらに出てしまったおなかと、小さいのに下に下がってしまってさらに小さく見える胸のせいでさらに体型がわるい状態になってしまいました。

子どもたちがプールが好きなのでよく行くのですが、違った意味(そんな体型で水着着るなよ・・・的)での男性目線が痛いです。

またいまだに温泉などの大衆浴場に行くときは下よりも上をメインで隠して歩いています。

お風呂に入るときも必ず肩まで入り、のぼせそうなので上半身だけそとに出すというようなことはまずしません。